24オプションで勝利を得たトレーダー

金融市場

現在の金融商品でいいものは、日経先物225オプションなどではないでしょうか。今の金融市場は大きく動いています。
特に日経平均株価などはここ1年で5000円以上の値動きを見せており、チャンスさえ正確につかめば多大な利益を享受することも夢ではありません。

また、この金融商品は予想しそれの結果によって利益が得られるものです。

つまりは非常に高度な金融関連の知識を利用して取引をしなくてもよいわけで、ある意味初心者にはもってこいの金融商品ではないでしょうか。
24オプションの取引システム

houre キプロスに本拠地を構えるCBAY Financial Services Ltdが運営するグローバルなバイナリーオプション専門ブローカーが、24Optionです。

バイナリーオプションは、通貨の売買の為替差益を得る外国為替証拠金取引(FX)の一種です。日本国内でも証券会社を始め、ワイバイナリーなど爆発的なユーザー数を得ている海外のバイナリーオプション専門業者がサービスを展開しています。

アジア諸国の中では、日本はバイナリーオプション先進国であり、ユーザーは比較的多い状況です。しかし国内マーケットはまだ伸びると見られており、多くの海外業者が日本を始めとしたアジア市場の開拓に力を入れています。

その一環として、24オプションでは、充実した入金ボーナスを設定しています。多くの海外バイナリーオプションブローカーは入金ボーナスを用意していますが、24オプションのボーナスは、50%と高率です。また期間限定のキャンペーンなどでは、100%のボーナスが設定されることもあります。24オプションが対応している言語は、英語と日本語以外にも、フランス語、イタリア語、スペイン語、中国語などになります。

24オプションで取引ができるバイナリーオプションの種類は豊富で、一般的なバイナリーオプションのすべてが取引できるようになっています。

それはバイナリーオプションの基本中の基本である、レートの上昇か下落を予想するハイ・ローオプション、設定されたレートに達するのかを予想するワンタッチオプション、決められた一定の範囲内にレートが収まるのかを予想するレンジオプションです。また60秒で結果が出る超短期取引で現在大人気の60セカンドも、もちろん取引ができるようになっています。(*最初に60秒の取引が出た時はトレードラッシュという海外企業からリリースされました。)

60セカンド以外のバイナリーオプションでは、15分、30分、45分、00分と15分刻みで取引が始まります。ハイ・ローオプションでは、15分後の満期時のレートが上昇しているのか、あるいは下落しているのかで勝敗が決まります。

ワンタッチオプションでは、満期までの15分の間に、指定されたレートにタッチするのかが判断基準となり、一瞬でもたっちすれば、その時点で終了になります。レンジオプションでは、15分の間に、指定された範囲にレードが収まるのかで判断されます。

24オプションでは、途中で権利を放棄することもできます。60セカンド以外のオプションで、例えば満期が15分後のオプションであれば、最初の10分の間は自由に売買できます。つまり最初の頃に購入したオプションのレートの動きが予想外であった場合には、終了5分前までなら売却することができるのです。

オプションを最後まで持って予想が外れてしまうと、投資金は一切戻ってきませんが、途中で売却すれば、多少の金額場戻ってきます。つまりその戻ってきた資金で、他のオプションに投資することで、負けを取り返す可能性が出てくるのです。60セカンドでは、途中での権利放棄はできません。

そして24オプションの特徴の1つは、数あるバイナリーオプションブローカーの中でも、比較的ペイアウト率が高めに設定してあることです。最大で89%の上に、全体的に高めのペイアウト率が設定されているので、より効率的な資金運用が可能になっています。