24オプションで勝利を得たトレーダー

金融市場

現在の金融商品でいいものは、日経先物225オプションなどではないでしょうか。今の金融市場は大きく動いています。
特に日経平均株価などはここ1年で5000円以上の値動きを見せており、チャンスさえ正確につかめば多大な利益を享受することも夢ではありません。

また、この金融商品は予想しそれの結果によって利益が得られるものです。

つまりは非常に高度な金融関連の知識を利用して取引をしなくてもよいわけで、ある意味初心者にはもってこいの金融商品ではないでしょうか。
24オプションの入出金

houre 24オプションでは、複数の入金方法から、自分の都合の良い方法を選んで入金することができます。多くの証券会社が銀行振り込みにしか対応していない日本国内の状況とは大きな違いです。

24オプションを含めた海外バイナリーオプションhighlowブローカーの特徴で、利便性が高い入金方法が、クレジットカードを利用する方法です。

24オプションの入金に使うことができるクレジットカードは、VISAとマスターカードとなっています。円口座とドル口座の両方で、これらのクレジットカードを利用することができます。JCBカードに対応しているという情報も一部にあり、公式サイトにJCBのマークも出ていますが、公式ホームページ上には、JCBカードに関する記載は、現在はありません。バイナリーオプション 比較をこれに関して海外業者の中でしてみると、日本人以外はほとんど利用していないJCBカードへの対応は、期待できないかもしれません。

他にマネーブッカーズ(MoneyBookers)による電子入金と銀行送金にも対応しています。

クレジットカードとマネーブッカーズによる電子入金では、最低入金額は25,000円からになります。銀行送金では、100,000円以上からとなります。またクレジットカード利用時の最大の入金額も設定されており、それは1日1,000,000円、1か月4,000,000万円までとなっています。

クレジットカードと電子送金による入金であれば手数料は無料で、基本的にリアルタイムで口座に入金が反映します。しかし銀行送金の場合には、送金手数料や為替手数料などで結果的に5,000円程度の高額の手数料がかかり、口座への反映も通常で1週間程度かかるなど、使うメリットがあまりありません。

クレジットカードを使いたくない人は、日本ではあまり普及していませんが、マネーブッカーズの利用をおすすめします。

次に出金についてです。出金方法にもクレジットカード、電子出金、銀行送金による出金があります。基本的に入金方法と同じ方法での出金になります。クレジットカードとマネーブッカーズによる電子出金では、入金と同額までは払い戻しという形となり、それ以上の金額の出金については、銀行振込みとなります。最低出金額は1,000円以上、口座残高が上限の出金額となります。

出金のリクエストは、いつでもできるようになっています。また月1回までの出金については、手数料は無料となり、2回目以降の出金には、クレジットカードで3.5%、電子出金では2%の手数料がかかります。銀行送金では、10,000円以上から出金が可能ですが、着金には1週間~1か月程度かかり、多額の手数料がかかります。

出金をするには

・パスポートや免許証など、政府機関発行の身分証明証

・携帯電話や公共料金の請求書など、現住所が確認できる書類のコピー

・使用したクレジットカードの両面コピー

の提示が必要です。これはマネーロンダリングの防止のためで、他の業者でも同様の手続きは必要になります。