24オプションで勝利を得たトレーダー

金融市場

現在の金融商品でいいものは、日経先物225オプションなどではないでしょうか。今の金融市場は大きく動いています。
特に日経平均株価などはここ1年で5000円以上の値動きを見せており、チャンスさえ正確につかめば多大な利益を享受することも夢ではありません。

また、この金融商品は予想しそれの結果によって利益が得られるものです。

つまりは非常に高度な金融関連の知識を利用して取引をしなくてもよいわけで、ある意味初心者にはもってこいの金融商品ではないでしょうか。
FXでの2つの利益の上げ方

houre FXは、通貨を銘柄にした金融商品で、異なる2つの通貨をお互いに売買しながら、利益を求めて投資取引を行っていきます。

もちろん、資産を運用していくのが目的ですので、利益を求めていくことになるのですが、FXでは主に2つの方法で利益を上げることができます。

その一つが、外国為替市場の為替相場の変動を利用して、その為替差益を求めていく方法です。
これは、簡単に言えば、「安く買ったものを高く売る」「高く売った物を安く買い戻す」という方法になります。

安く買ったものを高く売る、というのは日常生活でも目にすることなので分かりやすいと思いますが、例えば、プレミアが付くと踏んだキャラクターグッズを1000円で買っておき、しばらくして人気で品薄になりプレミアが付いたという情報を手に入れ、中古買取に出したら価格がついて2000円で売れたので差し引きで1000円を儲けた、というようなケースがこれに当たります。

つまり、この場合は通貨がキャラクターグッズで、これについたプレミアム価格が外国為替市場の為替変動という事になり、プレミアが付くと予想した事、プレミアが付いたという情報を手に入れた事が為替相場のレート変動を予測したという事になるのです。

高く売ったものを安く買い戻す、というのは、少しややこしく感じるかもしれませんが、仕組みが分かってしまえば簡単です。
例えば、先ほどのキャラクターグッズの例をそのまま使うとすると、品薄でプレミアのついていたキャラクターグッズに再販がかかるという情報を手に入れたとします。
そこで、友人からそのキャラクターグッズを借り、再販が掛かる前にキャラクターグッズを中古買取に売って2000円を手に入れてしまいます。
その後、再販が掛かってキャラクターグッズの価格が1000円になったため、先ほど売って手に入れた2000円を使って買い戻し、グッズを友人に返却します。こうすることで、手元には1000円が残るので、それが儲けになるワケです。

この場合は、通貨がキャラクターグッズ、下がったプレミア価格が為替変動、再販の情報を手に入れたことが為替レートの予測となり、グッズを貸してくれた友人は、FX取引を行うために契約を結んだFX取引業者という事になり、これが、FXで為替差益を求めていくという大まかな仕組みになります。

もう一つの利益を求める方法は、通貨のそのものの特性を利用します。それぞれの国と地域から発行されている通貨は、その通貨ごとに政策金利というものが設定されています。
FXでは、取り扱う2つの通貨の金利差をスワップポイントと呼んでいて、金利の低い通貨を使って金利の高い通貨を買い、そのまま保持しておくことで、おおよそ日ごとに一定のスワップポイントを受け取ることができるのです。

このようにFXには2つの利益を得る方法があります。どちらの方法で自身の資産を運用していくにせよ、それに伴う損失の可能性があることをしっかりと理解しながら、しっかりと利益を積み上げていきましょう。